• このエントリーをはてなブックマークに追加

ものがゆがんで見える状態・乱視がなぜ起きるか

ふつう角膜が正常であれば、なだらかなカーブが保たれており、焦点をきちんと結ぶことができるので、はっきりとものを見ることができます。
ところが乱視になると角膜のカーブが複雑に湾曲しているため、焦点が合わなくなってきます。
その結果、ものがゆがんで見える状態に。これが乱視です。

よく視力検査で放射線状に延びている線を見て、「どの線も同じに見えますか?」と聞かれることがあるでしょう。正常であれば当然、すべての線は直線で同じ太さに見えます。ところが、乱視の場合は太い線があったり、細い線があったり、といったように見え方がバラバラ。垂直に延びた線がちょっと曲がった感じに見えるのもそうです。こういう状態が続くと、眼精疲労がひどくなり、イライラしたり、落ち着いて考えることができなくなってきます。
また、近視、遠視、それぞれの症状に乱視が加わることもあります。ちなみに近視+乱視は近視性乱視、遠視+乱視は遠視性乱視と呼ばれています。近視の人の場合は、角膜を圧迫する傾向が見られることから乱視になるようです。遠くのものが見えづらいと、知らず知らずのうちに目を細めて見がちですよね。ひとつには、これが角膜のゆがみを起こす要因になります。一方、遠視の人の場合は、遠近に関係なく、無理にピントを合わせようとするので、さらに角膜を圧迫させやすい状態にあるとか。
最近でこそ乱視用のコンタクトも出回るようになりましたが、近視性乱視でソフトコンタクトを愛用者のなかには近視用のみで矯正しているケースも多いみたいです。そのため近くのものが見えづらくて・・・と、これまた肩こり、頭痛を増大させることになってしまいます。