• このエントリーをはてなブックマークに追加

長くかけても疲れない・正しいメガネの選び方と作り方

メガネは度数が合っていればいいというものではありません。レンズ選びの際、どの程度の明るさが適切なのか、それも重要ポイント。素材もプラスチックかガラスかで、厚みや屈折の点でそれぞれ特徴があります。また、フレームが顔に合っていないと、疲れやすくなったり、ツルの耳かけで痛くなったりなどのトラブルが起きます。では、正しいメガネの作り方、選び方をするには、どうすればよいのでしょうか?

眼科医で検査をしメガネの処方箋を作る

眼鏡店で検眼をしメガネを作る人も多いでしょう。でも、自分に適したメガネ作りは、まず眼科からスタート。医師の診察を受け、目に異常や病気がないか調べてから、検眼をして処方箋を作ってもらいます。検眼をする時間帯は、できるだけ目が疲れていない朝のうちに。また、度数は1.0以上見えればよいと判断して決めるものではなく、自分にとってその見え方がどうなのか。同じ1.0でも非常にクリアな状態となんとなく見える状態とでは度数の調整具合も変わってきます。デスクワークの多い職種なら、近くが楽に見えるように度数もやや弱めに調整。さらに、常時メガネを装着するのか、コンタクトと併用なのかによっても条件は変わってきます。自分の要望も含め、どういう状況でメガネを使うのか、必要な情報をしっかり伝えておきましょう。

眼鏡店でレンズ、フレーム選び

処方箋を眼科で作ってもらったら、それを持って眼鏡店へGOです。レンズにはたくさんの種類がありますが、最近はプラスチック製
が主流に。かけ心地の面から、軽い、薄い、明るいレンズになればなるほど高価になります。これもすべて必要なことかといえば、一概にそうともいいきれず、予算面もふまえて必要な条件をクリアしながら選びましょう。
フレームは機能的面を最優先させて、まず顔の横、縦の長さに合ったものを。おすすめは顔の横の長さよりやや小さいサイズ。そのほうがすっきりした印象に。また、眉のラインとメガネのトップリム、上のラインを合わせると自然な感じになります。あとはセルかメタルかでもかなり印象が違ってきます。普段のファッションと合わせて上手なコーディネートを考えましょう。