• このエントリーをはてなブックマークに追加

手術する前に心得ておきたいレーシックの注意点

レーシック手術を受ける際、いくつかの注意点があります。医師からも詳しい説明はありますが、前もって知っておくと相談する場合にも役立ちます。

手術前の注意点

ふだんコンタクトを使用している場合、手術の2週間前くらいから装着をやめなくてはなりません。また、手術を受ける前に行われる適応検査で手術が可能かどうかが診断されます。検査は手術が安全に行なわれるためのもので、眼圧、角膜の状態など細かい部分までていねいにチェックをします。初回の検査時間は3〜4時間みておいたほうがよいでしょう。適応検査の費用は無料のところが多いようです。ただし、有料の場合もあるので不明な時は直接問い合わせておくようにしましょう。手術費用は保険適用外でクリニックによってかなり幅はありますが、大体、両目で10万〜30万円程度が一般的。

手術後の注意点

レーシックの手術後は感染症の注意が必要です。特に術後1週間はいつも以上に清潔な状態を保ちましょう。女性は目にメイクを施すことも控えめに。また、激しい運動は避け、プールに入ることもしばらくやめておいたほうが無難です。
人によっては術後しばらく視力が不安定になったり、ドライアイになるなどの合併症が起こる可能性もあります。普通こうした症状は時間の経過とともに治まっていきますが、半年、1年と続くケースもあるので気をつけましょう。