• このエントリーをはてなブックマークに追加

視力回復の画期的な治療法・レーシック手術とは?

何かと話題のレーシック。ギリシャ語のLaser in Situ Keratomileusis の頭文字を取って、レーシックと名づけられました。「レーザーで角膜を修正する」という意味があります。これは1990年、ギリシャのパリカリス博士によって発案された、画期的な近視治療法。
エキシマレーザーを角膜に照射し、薄く削ることによって屈折率を調整して、視力回復をはかるものです。日本では2000年になって現在の厚生労働省がエキシマレーザーの安全性を承認し、それ以後、メガネやコンタクトに代わる第三の治療法として注目されるようになりました。
治療法を具体的に説明しましょう。まず最初に点眼麻酔をして、開眼器でまぶたを開いた状態でレーザー(フェムトセカンドレーザー)を角膜に照射。ここでフラップと呼ばれるふたを作成します。このフラップを開き、今度は検査データをもとにエキシマレーザーを照射し、屈折矯正を行います。再度、フラップをもとの位置に戻し、点眼をして終了。
アメリカでは年間の症例数が130万件以上にのぼるといわれるほど、ポピュラーな治療法です。しかし、日本ではまだまだ一般的とはいえません。以前、都内のある眼科医が衛生管理を怠り、レーシック手術を行った結果、多くの患者が術後に目の異常を訴え、感染性角膜炎にかかり裁判に至った事件は記憶に新しいことでしょう。スポーツ選手や芸能人などの間では、レーシックを受けてその効果が話題を呼んでいるようですが、普及にはもう少し時間がかかりそうです。