• このエントリーをはてなブックマークに追加

レーシックを受ける前に知っておきたいメリット・デメリット

レーシック手術は近視、遠視、乱視と基本的に対応可能です。スポーツ選手のように、職業上メガネやコンタクトがわずらわしい人にとってはありがたい治療法です。また、アレルギーやドライアイでコンタクトの使用が不可能な人にも効果的なんです。

レーシックのメリット

メガネやコンタクトがいらなくなる
個人差はありますが、レーシックによって裸眼で生活できるような状態まで視力を回復させることができます。
手術は短時間で日帰りでOK
基本的に手術時間は20〜30分ほど。特に問題がなければ日帰りで行えます。
近視が原因で起こる肩こり、眼精疲労解消
メガネやコンタクトが誘因となって起きていた眼精疲労や肩こりから解放されるようになります。

レーシックのデメリット

年齢と角膜の厚みによって手術不可能なことも
原則として18歳未満は手術を受けられません。安全性の保証の面から、成長期にある年齢には万が一のことを考えて適切な治療法とされていません。また、角膜に一定以上の厚みがないと治療効果がはかれないとの理由で治療を受けられない人もいます。角膜の厚みはあくまでも個人差なので、これまたむずかしい問題です。
効果に個人差がある
レーシックで裸眼で快適に生活できるレベルまで視力が戻せるといっても個人差があります。なかには目標のとした視力まで達しないケースもあるんです。
まだ歴史が浅い
手術の安全性は低くないものの、レーシックが導入されてからの歴史が浅いため、長期間で見た場合、将来的にどういう影響が出てくるのか詳しいデータがありません。そうした点で、まったく大丈夫といい切れない部分がまだあります。