• このエントリーをはてなブックマークに追加

近視の人は老眼が遅い?という俗説の真偽のほどは

「老眼」とは、水晶体の調節力が低下した結果、近いところが見えにくくなる現象です。平均して40歳前後から始まるといわれています。ところで、「近視の人は老眼になるのが遅い?」という俗説がありますが、これについての真偽のほどははいかがなものでしょう?
近視の人は「老眼」になっても、正視(目に屈折異常がないこと)や遠視の人と比べて、もともと近いところにピントが合っているので、その分だけ水晶体の調節を必要としません。ですから、見かけ上は老眼になっていないように見えます。本当のところは、老眼になっているのに気づくのが遅いだけなのです。
「老眼」になると近くのものが見えづらくなってくるので、無理をして見ようとすれば肩こりや眼精疲労、頭痛、吐き気などがともなってきます。近視の人でも近くを見た時、疲れやすくなったり、知らぬ間に目をこらして見ていると感じ始めたら、そろそろ「老眼」が始まっているかもしれません。最近は早い人では30代で、遅い人でも50代に入ると「老眼」を実感するようです。目の疲れは視力の低下を進行させるだけでなく、健康を損なうことにもなりかねません。近くの見え方に変化が表れ始めたら、眼科を受診して早めに老眼対策をするようにしましょう。