• このエントリーをはてなブックマークに追加

一時的な近視状態・仮性近視は治る?その治療法は?

目の水晶体は近くを見る時に厚くなり、遠くを見る時に薄くなるというぐあいに、ピントを調節しています。この調節を行っているのが、目の毛様体筋という筋肉。ここの部分が緊張したり、ゆるんだりすることによって、水晶体の厚さを変えていくのです。近くのものを長時間見ていると、毛様体筋が異常に緊張してしまって、一時的に近視状態に陥ります。これが「仮性近視」といわれるもの。
「仮性近視」は眼科に行くと毛様体筋の緊張を取り除く点眼薬で治療します。また、眼科によっては遠くの景色を見つめる望遠訓練や同様の効果を狙ったワックという器械を使った訓練を取り入れているところもあります。しかし、これらを3か月ぐらい続けても治らない場合は、「真性近視」と判断されるようです。
子どもの場合の「仮性近視」は、すぐに回復させることが大切ですが、遺伝的な要因や日頃の生活習慣も深くかかわってくるだけに、効果のほどは個人差によるものが大。「真性近視」でも「仮性近視」と同じような症状が出ることがあります。実際に近視の中でも「仮性近視」の割合は非常にわずかだとか。といっても、「仮性近視」の治療法を始めたからには、点眼薬やトレーニングだけで治そうとするのではなく、目を休める、疲れさせないといったことにまず気をつけていかなくてはなりません。